スポンサーリンク

時短引き戻し込みの平均連チャン数の計算方法【パチンコの計算】

パチンコの平均連チャン数には、確変やSTによる連チャンに加えて時短による引き戻しも含まれているので、確変による連チャン率と時短による引き戻し率を合わせて連チャン率を計算をする必要があります

今回は時短引き戻しを考慮した平均連チャン数の計算方法を紹介致します。

スポンサーリンク

時短引き戻し込みの平均連チャン数の計算方法

連チャン率+(1-連チャン率)×時短引き戻し率=時短引き戻し率込みの連チャン率

※連チャン率とは、確変継続率やST継続率のことです。

時短引き戻し率の計算方法についてはこちらをご覧下さい。

平均連チャン数の計算方法についてはこちらをご覧下さい。

 

【CRスーパー海物語M55X3】を例に計算してみます。

CRスーパー海物語M55X3の連チャン率(確変継続率)は54%、時短引き戻し率は26.9%です。

0.54+(1-0.54)×0.269=0.66374

CRスーパー海物語M55X3の時短引き戻しを考慮したトータルの連チャン率は66.374%

平均連チャン数は2.973連という計算になりました。初当たり1回につき平均2.973連するという意味です。