スポンサーリンク

パチンコ台の選び方〜回る台はどうやって見つける?

このサイトでは「ボーダーラインを超えるよく回る台を打つべし」と口煩く説いてきましたが、そもそも回る台はどうやって見つければいいのでしょうか?

とりあえず適当に打ってみて回るか確認する?いや、闇雲に台選びをしても回る台に巡り合える可能性は低いはずです。

やはりパチンコの台選びの基本は釘調整なのです

スポンサーリンク

パチンコ台の選び方

パチンコの台選びの基本は釘調整ですが、パチンコを始めたばかりの初心者の方が、細かな釘調整を見て回る台かどうか判断することは難しいと思います。具体的にどの釘がどうなっていればいいのかなんて初心者の方には分かりませんからね。だいいち、釘を見ることに慣れていなければ釘調整なんて全部同じに見えますからね。

そこで、初心者の方でも回る台に辿り着くために必要な「知っておくべき事実」と「重要な釘と釘の見方」を紹介したいと思います。

知っておくべき事実

まず、知っておいて頂きたいのは「回る台は何時でも何処にでもあるわけではない」ということです。

(回る台が毎日打てる優良店も極僅かですが存在しますが・・)

これは多くの初心者の方が勘違いしているかもしれませんが、「回る台=客側が勝てる台」つまりパチンコ店側からしたら回る台とは利益にならない赤字台なのです。パチンコ店はお客が負けたお金が店の利益になるので、そんな台を数多く設置していたらパチンコ店側は利益が上がらず商売になりませんよね。基本的にパチンコ店にあるパチンコ台は回らない台というのが当たり前なのです。

一般ユーザーにありがちな「空いた暇な時間に適当にホールに行く」という行動では回る台に座れることは稀でしょう。

釘が開く日や時期を知る

パチンコで勝つための知識を持たない一般ユーザー、特に年配の常連さんは毎日回らない台を打たされ続けているので確実に負けてしまいます。負けが続くと、いくらパチンコが好きでも流石に嫌気がさして、普通はパチンコ店から足が遠のいてしまいますよね。最近では負けが続いてパチンコをやめてしまう常連さんも後を絶たないのも事実です。

そうならないためにも、パチンコ店は「一般ユーザー(特に常連さん)に勝ってもらう日」というものを設けるのが普通です。

パチンコで一般ユーザーに勝ってもらうためにはどうすればいいのか?答えは「釘を開けて回る台を打ってもらう」です。※回る台を打てば必ず勝てるわけではありませんが、回らない台を打つのと比べると大幅に勝率が上がります。

つまり、よほどのボッタクリ店ではない限り「釘を開ける日」「釘を開ける時期」というものが存在します。(万年回らない調整のボッタクリ店も存在します)

釘を開ける日や時期を狙ってパチンコを打つことで回る台に巡り合える可能性が高くなるのです。

 

釘を開ける日や時期については当サイトの「【パチンコを打つべき日】釘が開く「特定日」について」で詳しく書いてあるので、ご覧になって下さい。

重要な釘と釘の見方

パチンコ台の盤面には無数の釘が打ち付けられており、それぞれの釘には少なからず何かしらの意味があります。ですが、回るか回らないかの回転率に大きく影響を与える釘は僅か数箇所だけです。その中でも特に回転率に大きく影響を与えるヘソ釘について解説していきます。

その他の重要な釘に関しては「釘講座~入門編~」でも解説しているので、釘について詳しく知りたい方はご覧になってみて下さい。

ヘソ釘

2016-02-01 17.58.31

単純に左と右の釘の間の幅が広ければ広いほど良い調整です。上げ下げも重要と言われますが、私の経験では上げ下げが回転率に与える影響は少なく、幅に比べて重要度は低いと思います。

ヘソ釘の見方

ヘソ釘は真上から真下に覗き込むように見ると幅が分かりやすいです。携帯やスマホのカメラでヘソ釘の写真を撮って保存しておくと、前回との比較が簡単にできるのでオススメの方法です。

【初心者が躓きやすい】釘に関する注意点

特にヘソ釘でありがちなのですが、「ヘソ釘が開いた」と「ヘソ釘が元々開いている」のを混同しないように注意しましょう。

と言うのも、ヘソ釘の基準となるサイズはパチンコ店によって違うからです。

どういう意味かというと・・

例えば、平常営業の回らない調整のヘソサイズがA店では11.5mmだとしても、同じく平常営業の回らない調整のヘソサイズがB店では12.0mmの場合があるということです。

一見するとB店の方が優良店に見えますが、実際の回転率はほとんど変わらなかったり、「逆にB店の方が回らない」なんてこともあります。

これはヘソ釘以外の釘でヘソに寄り付かないように調整されているために起きる現象で、実際にこのような調整をするパチンコ店は結構存在します。

初心者の方はこれを「ヘソが開いているから回るのでは?」と勘違いして、打ってみたものの「結局全然回らなかった」と、まんまと店側の罠に引っかかってしまうことがよくあるのです。

大事なのは「前に見た時より開いているのか」です。同じ店に通って何度も釘を見ていれば自然と分かるようになるはずなので、まずは釘を見る習慣をつけるようにしましょう。釘を見て「前に見た時より開いてる」と思えたならば積極的に試し打ちをしていきましょう。そうすることで釘を見る能力が自然と身に付き、自身のパチンコスキルのレベルアップにも繋がるでしょう。

まとめ

釘が開いている日や時期を狙って釘を見ながら立ち回ることで「回る台」に辿り着ける可能性は高くなります。

まずは、自身の地域のパチンコ店のイベントなどの情報収集をして、実際に釘が開いているのかを検証してみましょう。それを繰り返すことにより、店ごとに「行くべき日」と「行かなくてよい日」というものが見えてくるはずです。