スポンサーリンク

ST機の平均連チャン数とST継続率の計算方法【パチンコの計算】

ST機の平均連チャン数を計算する為には、まずST継続率(引き戻し率)を算出する必要があります。

STの継続率さえ判明すれば、前記事の平均連チャン数の計算方法を応用してST機の平均連チャン数を計算をすることができます。

スポンサーリンク

ST「継続率」の計算方法

ST機の継続率の計算方法は以下の通りです。

1-{(ST中の大当り確率-1)÷ST中の大当り確率^ST回数}=ST継続率

(「^ST回数」はST回数乗という意味です。)

少々分かりづらいと思うので、真・北斗無双を例に挙げて計算してみます。

真・北斗無双のST中大当り確率は「81.2」、ST回数は130回です。

(81.2−1)÷81.2=0. 987684729
※1回転で当たらない確率

0.987684729^130=0.199702764
※130回以内に当たらない確率

1-0.199702764=0.800297236
※130回転以内に当たる確率

真・北斗無双ST継続率=80.0297236%

 

ST機の平均連チャン数の計算

後は上記で算出したST継続率を使って、平均連チャン数を計算するだけです。

先程の真・北斗無双の数値を利用して・・

1÷(1-0.800297236)=5.00連

※小数点第三以下切り捨て

 

まとめ

このようにしてST機の平均連チャン数を算出します。

普段の稼働などでは頻繁に使用する計算ではありませんが、覚えておいて損はないと思います。攻略サイトに載ってないような機種のボーダーを自分で計算することもありますからね。